(後編)東京都は、「手も出す」~ハードウェアスタートアップ支援事業「Tokyo Startup BEAM」とは~大地の叫び Season2 Vol.1

~シリーズ「大地の叫び」とは~

浜野製作所の「やってみなはれ文化」を余すことなく体現する男、山下大地。自称「COO(ちょっと お節介な お兄さん)」。シーズン1では、社内の技術紹介などをしていたが、今回、よりスケールアップして(行動範囲を広げて)カムバック。いろんなことに首を突っ込む企画である。

7月31日に募集を締め切るハードウェアスタートアップ向けの支援事業”Tokyo Startup BEAM”を実施する東京都と事業を運営する三菱UFJリサーチ&コンサルティングのみなさんに、浜野製作所の切り込み隊長こと、山下さんがインタビューを敢行した模様をお届けします。

〜 Tokyo Startup BEAMとは〜

ざっくりいうと、”ハードウェアスタートアップ”つまり、ものを作って(使って)新しいサービス開発をする起業家たちを対象に「お金」「人脈」などなどを提供する施策。詳細は、オフィシャルサイトにて https://startup-beam.tokyo/

インタビューに答えてくれた皆さま

東京都 産業労働局 商工部 創業支援課 のみなさん
技術連携担当課長の堀江さん、課長代理の三木さん、主任の大石さん

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社(以下、MURC)のみなさん
政策研究事業本部 経済政策部の北さん、川田さん

インタビューとしつつ、山下さんが自論を展開してほぼ対談となった前半につづき、山下さん持ち前のお節介魂が燃える後編スタートです!

失敗しても、成功しても。

D:スタートアップは「本気が伝わること」が大事っていう自論を先ほどお伝えしたんですが、いい時も悪い時も、失敗しても成功しても自分たちの事業を続ける意思がスタートアップにないと、ブレイクできないのではないかとおもいます。

浜野製作所で関わらせていただいているハードウェアスタートアップには、分身ロボットのオリィ研究所さんや次世代モビリティのWHILLさんのように、今注目されている企業さんも多いですが、ハードウェアスタートアップは開発したサービスが市場にでるまでには、長い道のりを歩んでいるケースも少なくないです。

「孤独を解消する」をテーマに起業したオリィ研究所さん。テレワークが盛んな今、大きな注目を集めているが設立は2012年。
国内外の空港での実証実験が始まった次世代モビリティの「WHILL」さん。設立は2009年。

そうですね。今回の事業において採択された企業全社に成功してほしいとは思いますが、いつ成功するかは未知ですし、反対に現段階ではいいアイデアだと思われても、2,3年度は陳腐化するというケースもあるかもしれません。この事業での支援は令和4年1月頃まで続きますので、「なぜうまくいったか」「なぜ失敗したのか」について、私たちもそうですし、スタートアップ自身にも分析していってもらえればと思います。

D:ハードウェアスタートアップって、いきなりバズって流行るということにはなりにくいし、大変な道だと思うんです。産業のインパクトでいうとユニコーン企業が育つと理想的ってことになると思うんですが、ハードウェアのユニコーン企業は数少ない状況でもあります。個人的にはニッチトップでもよいのではないかとおもったり、シンプルでわかりやすいものの開発でも良いのではないかとも思います。

確かに革新的なハードやハードの活用方法のアイデアがあるスタートアップには是非挑戦いただきたいのですが、そればかりを求めているわけではありません。地道な事業も必要だと考えています。

東京の強みは、「人」。

D:仮に、東京でハードウェアの産業が爆発的になったとして、結局量産は地方や海外になり、東京ではつくり切れないのではないかとも思います。実際に私も量産支援では地方の会社と組んで製造体制をつくることもありますし、それに加え、地方は地方でスタートアップ支援もあったりするので、地域の縛りにはモヤモヤするところがあるのですが。浜野製作所で支援しながら地方で活躍するinahoさんのようなスタートアップもいます。

浜野製作所で支援をしつつも、地方で活躍する農業ロボットの「inaho」さん。

それでいうと、都内に会社を構えてくれていたらそれでよいのではないかと考えています。

地方でのスタートアップの支援例だと、福岡市や神戸市も有名ですよね。技術系の支援がしっかりしているんです。一方で、東京の強みって何だろうって考えた時に、やっぱり「人」なのかなと。東京の特徴として「マネジメントができる人が豊富にいる」という点があげられると思います。地方で起業後、東京に来てからスケールしたベンチャーさんもいるんですよ。伸びるシーズを元々もっていたんですが、東京にやってきて人材が揃ったことででブレイク出来たんですよね。なので、人と人を「つなげること」もこの事業では注力しています。

花開くまでに時間がかかるハードウェアスタートアップ。

D:この支援事業の枠組みって今後も継続するものなんでしょうか?

Tokyo Startup BEAMはモデル事業という位置づけになり、来年度以降の実施は決まっていません。ただ、今回の事業実施でエコシステムがきちんと回るのか、採択されたスタートアップの事業がどうなるかは、最後までキチンと見ていきます。

D:どんな企業さんが興味をもっているんですか?

「がっちりハードをつくりたい」という方もいれば、ソフトウェアをサービスの軸足におき、「ハードを使いつつ、ソフトウェアをコアにした事業を展開したい」という方もいらっしゃいますね。もちろん、両方の事業者さんにご応募いただけます。

D:ハードウェアスタートアップは花開くまでに時間がかかるということが先ほども議論に上がりましたが、事業が終わったタイミングで、次なる支援が必要なケースがあるかと思います。こうした場合にはどうなるんでしょうか?

そうですね。機能試作の段階だと支援が終わったタイミングでも、まだまだ改善する余地が沢山あるとおもうんですよ。そうなると、研究系の支援事業といったものも活用できます。なので、今回の事業が終わってもまだ研究段階だとおもったら、チャレンジできるプログラムが東京都にはあります。これまでの実施例だと東京都の次世代イノベーション創出事業や、未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクトといったもがあります。

未来を拓くイノベーションTOKYOプロジェクト

支援をパッケージ化できると一番いいんですよね。それは課題です。

D:とりあえず支援の体系マップがあるといいですよね。パッケージ化、是非おねがいします!!資金の面で言うと、開発内容によっては支援費内で収まらないケースもあるかと思います。その場合はどうなるんでしょうか?

そうですね。今回の事業の支援費だけでは収まるとは思っていないです。その点については、支援期間が長いのでその間にVCへの調達を見込んでいただく必要もあるかと思います。その為にも、支援パートナーとしてVCさんがいらっしゃる設計になっています。

支援期間が長いのは賛否両論あったのですが。。。

D:支援期間は長い方が、ハードウェアスタートアップではむしろありがたいのではないかと。支援を単なる資金調達の手段だけとして捉えてもらいたくないような気持があります。あくまで、行政が産業支援の一環として実施するものなので。

こうした支援をして時間をかけて東京都で育てても、都外に出て行ってしまうということもあると思います。その点についてはいかがでしょうか?

確かに、東京都の事業なので、残って欲しいという気持ちは個人的にはあるのですが、それでスタートアップが成長できないのであれば本末転倒なのかなと。日本や社会にとってプラスになることが大事なので、いつか東京に戻ってきてくれればいいな、と思います。

東京都で支援をしたら東京でちゃんと育ってくれるという期待はあります。

東京都だからこそ他県と連携してスタートアップを支援していける、とも思っています。成長した企業が出て行ってしまったら、さみしいことにはさみしいんですが。

D:先ほど話に出たように、東京の大きな魅力として「人の繋がり」があると思うのですが、具体的には事業の中でどのように支援をしていくのでしょうか?

この事業は、プログラムパートナーとの輪の中で採択者を全面的に支援します。各採択者には担当メンターがついて、事業の課題をしっかり把握していきます。そうしたコミュニケーションを通して、採択者のニーズに合わせた適切なプログラムパートナーさんを紹介していくというのが支援のメインです。プログラムパートナーさん達はハブの機能をお持ちなので、その先にいる企業や事業者の方にもご協力いただくことになっていくとおもいます。「誰かに聞いたら目的の人にたどり着ける」そんな機能を持つネットワークが自立できれば、結果的にエコシステムができあがっていくと思っています。

東京都の他の事業との連携も出来ると思います。実は東京都でついに「PoC Ground Tokyo」という実証実験の事業ができたんです。こうした事業とも是非連携していきたいです。

東京都スタートアップ実証実験促進事業「PoC Ground Tokyo」

D:なるほど。都産技研の技術的なバックアップ、事業がキチンと回るように必要な人や企業に出会えるようにサポートしてくれるメンターの存在、Tokyo Startup BEAMはいい意味でお節介なプログラムのような気がします。堀江さんがおっしゃっていた、「手を出す」の意味がよくわかりました。

最後に、このインタビューを読んでくれているかもしれないハードウェアスタートアップの方に向けてメッセージをいただけますか?

やりたいことが明確な方、是非、ご応募ください。やりたいことに市場合理性があるかどうかは審査で見ますし、情熱がある人だったら周りの人が何とかしてくれようとすると思います。

ものづくりスタートアップの動向は追っているのでプレイヤーの顔は見えているところはあるんですが、思いもよらなった方、これまでの文脈とは異なる方にも是非ご応募いただきたいなと思います。

コロナ禍ではありますが、今をチャンスとして新しい発想で、熱意をもって挑戦したい方にご応募いただければと思います。

社会課題を解決をしたいと思っていて、かつ、次世代の人も育てたいという気持ちのかある方、是非ご応募ください!第2の渋沢栄一、お待ちしています!

ものをつくることで社会課題を解決したいという想いがある方が、この事業にご興味をお持ちいただくと思います。そういう企業さんに私はグッとくるので、「グッと来る企業さん」のご応募、お待ちしています!

~インタビューを終えて~

D:こうした制度を作る背景をこんなにしっかり聞ける事は、なかなかないので面白かったです。東京都がTokyo Startup BEAM以外にもかなり支援の引き出しを持っていることにも驚きました。
早速、担当する会社様達に話さねば!!では!!

(・・・つづく?)

・・・また山下さんはどこかへ行ってしましましたが、
改めてTokyo Startup BEAM2020年7月31日までとなります!

詳しい説明をお聞きになりたい方は、事務局アドレスまで startup-beam@murc.jp 担当:北さん 川田さん